場所で決まる売れる店かそうでないか

コンビニやってると店長同士の繋がりでいろいろな話を聞きます。

同じ系列のコンビニでも、ものすごく繁盛している店もあればそうでもない店もあり、その違いは何かと言うと、ほぼほぼ場所がいいか悪いかで決まってしまう感じです。

お店をやっているのだから、人通が多い方がいいし、車が多い道路に面した方がいいのは確かですが、どうもそれだけではないようで、車の通りが多くても、入りにくい場所だとやはりお客は来てくれません。

一見良さそうな場所でも、お店ができてみれば意外にもお客さんが入りにくい場所だったりすることもあり、一種の博打みたいなところがあります。

こんなところにコンビニできて、やってけるのかな?と思うようなところでも、開けてみれば繁盛したりする場所もあります。

中には店員の接客態度で売り上げが変わるって言う人もいるかもしれませんが、確かにいい店員さんにはファンがつくこともありますが、私の経験上ではそれでもそんなには違わないと思います。

よほど強面で態度の悪い店員なら怖くて人も来なくなるでしょうが、そんな人はまずいません。バイトで来てくれている店員も、ほとんどがみんな良い子で、おどろくほど真面目です。

そう、最近の高校生とか大学生って真面目です。これは意外だったのですが、はっきりと感じます。自分が高校生の頃を思い浮かべると、今の子たちの方が仕事に対する考え方がしっかりしているような気もします。

考えてみれば、私が学生だったころはバブルの時代とも重なり、バイトは遊ぶお金を稼ぎたいからやっていました。でも、今の時代、高校生くらいでもバイトは生活を支えるためって子が少なくない。

しかも、ウチでバイトして、シフトが終わったら、次ファミレスとかでバイトを入れてたりする子もちらほらいます。

遊ぶためじゃなく生活のためにバイトを掛け持ちしなきゃならない世代の子・・・ものすごくしっかりしていますので、雇う側からすれば助かりますが、でもなんかちょっと違和感もあります。これじゃ勉強する時間もないし、親の収入の差が子供の学力の差になるってのもわかりますね。

とにかくそんな子たちに支えられてがんばっている店ですが、やっぱり場所にはかなわないって話でした(@_@;)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です